So-net無料ブログ作成
検索選択

朝ドラ【あさが来た】感想10話!主題歌のみんなの感想は? [ドラマ]


子役時代も終わり、あさとはつ、二人の嫁入り前を描いている今週。あさは新次郎から手紙の返事が無く寂しげ、はつの嫁ぎ先の山王寺屋が非常に残念だったり、結婚前から不安だらけですが、果たして二人の嫁入りは一体どうなるんでしょうか。

第10話では、またしても白蛇こと、はつの許婚・惣兵衛の口から恐ろしい真実が新次郎に告げられます。惣兵衛は一体何を語るのか?そして、前回、夫婦喧嘩が勃発してしまった“お付”の問題も、解決したようですよ。第10話(10月8日)の放送を感想を交えて紹介していきます。

そして、ドラマ開始前から「朝ドラ主題歌がAKB?」と、厳しい意見も多かったのですが、いざドラマが始まると好印象の意見が続々と。

そこで今回は、

・あさが来た第10話の感想

・主題歌のみんなの感想

こちらの二つについて書いていきたいと思います。
 
 
 
 



第二週目~ふたつの花びら~
 
 

スポンサードリンク



 
 
 
第10話(10月8日) 感想

ネタバレを含みますのでご注意下さい。
 
bsPP_hamontoshishiodoshi.jpg 
 
【関連記事】
 
 
 

新次郎(玉木宏)から手紙の返事が全く来ず、不安になるあさ(波留)。そんな不安をよそに、加納屋ではある事件が起こっていましたよ。

新次郎の家・加賀屋では、中番頭の亀助(三宅弘城)が何やら紙くずを並べています。

そう、その紙くずとは、あさが新次郎に出したはずの手紙だったんです。誰かが故意に手紙を破ったのか?と思いましたが、そんな事はありませんでした^^;

じゃー、なんでバラバラになってるの?と疑問になりますよね。新次郎の兄・正太郎が病で床に臥せてしまい、それから毎日泣き続けている母・よの(風吹ジュン)。このよのが、“手紙バラバラ事件”の犯人でした。(でも、故意にではないんです!)

バラバラになった原因は、よのが泣き続けて、鼻紙が一枚も無くなってしまった事から始まります。泣いても、泣いても涙は止まらず・・・。あまりの悲しみに、紙の確認などしていられないよのは、あさの手紙で鼻をかんでしまいました。もちろん昔の手紙は“墨”で書かれていますので、皆さんのご想像通り!よのの顔は真っ黒に・・・。それに「ぎゃーーー!」と絶叫したよのは、その手紙をビリビリに破いてしまったという訳でした。

(今回、初の時代劇なので、朝ドラだという事を、時々忘れてしまいます。よのの顔が真っ黒になってしまって「クスッ」と笑ってしまい、「あッ!今、朝ドラ見てたんだ。」と思い出しました。朝ドラと時代劇の両方を存分に楽しめている証拠ですね^^)


手紙が届いた事をまだ知らないあさを、さらに不安にさせる出来事が起こりました。

はつ(宮崎あおい)あさうめ(友近)をどっちのお付に付けるか問題です。うめはベテランのお付ですから、一緒に居てくれるだけで心強い存在。そして、何よりあさのおてんばを止めれるのは、うめしか居ない訳です。

本来は“あさにうめ”“はつに若いお付のふゆ(清原果耶)”がお付きとして一緒に行くはずだったんですが、山王寺屋親子のあまりの傲慢な態度に、母・梨江(寺島しのぶ)は、はつの嫁入りが非常に心配になりました。そこで父・忠興(升毅)に、「はつのお付には、うめをつけて欲しい」とお願いしていたんです。

絶対に反対だ!と豪語していた父ですが、母の言葉もあり考えを改めた様です。みなが集まる中、お付の話になり、“はつにはうめ”“あさにはふゆ”をお付に付けると発表しました。

(確かに、あさもうめが居ないと何をするのか分からないので心配ですが、はつの嫁ぎ先の山王寺家は、残念なくらい意地が悪い親子です。本当に怖いくらい・・・。なのでこのお父ちゃんの決断は正しい!はつが大変なのは目に見えているので、うめが支えてあげるのが一番良いですよね。)

あさは、不安げな表情でうめを見つめますが、何も言えず・・・。さらに不安になってしまうのでした。


そして、嫁入り準備が始まりますが、あさとはつはまだ心の準備が出来ないままでした。このまま山王寺屋に、お嫁に行っていいのかとあさは、はつに問いただします。はつも気持ちは行きたくないはずですよね。でも、はつは姉として素晴らしい回答をします。

自分も大変なの時なのに、ありがとうね。あさ。と始まり、私にはお嫁に行くこの道しかない。両親が選んでくれたこの道を、真っ直ぐ進む事が、自分に出来る精一杯の事だから。とあさに伝えます。

(何とも切ない言葉ですが、はつは自分の運命をしっかりと見定めていますよね。どうしてここまでけなげなんでしょう。涙が出てしまいます。)

それを聞いたあさは、今まで積もりに積もって、ごちゃごちゃになってしまった気持ちを、うめにぶつけます。

むしゃくしゃするから、木に登る!と言い始めたあさを止めたのは、お付のうめでした。そして、相撲をとろうとあさに言います。相撲をとりながら、あさは今の気持ちも一緒にぶつけます。

「なんで、家の都合でお嫁に行かなくてはいけないの?」

「なんで、お姉ちゃんが侮辱されなくちゃいけないの?」

「なんで、惣兵衛は笑わないの?」

「なんで、新次郎から返事が来ないの?」

あさの口癖の『なんでどす?』が、とめどなく口から流れ出て、あさの大号泣の場面となりました。小さい頃から、あさと一緒にいたうめだからこそ、あさを受け止められるんですよね。うめの存在が、とても大きく、大切なものだと、思わせる一幕でした。
 
 
bridge-53769_640.jpg 

 
そして、やっと新次郎に届いたあさの手紙。もう2ヶ月以上も経ってしまっていますが^^;

新次郎は、あさのお願い「はつの許婚・山王寺屋の惣兵衛(柄本佑)の素性を教えて欲しい」を叶える為に、惣兵衛に会う事にします。

惣兵衛に会った新次郎は、ここで、衝撃の真実を惣兵衛から聞く事になります。
 
 

スポンサードリンク



 
 
 
何も語らず、一切表情も変えず、何を考えているのか分からない惣兵衛。そんな惣兵衛の懐に、新次郎は上手く入り込み本音を聞きだす事に成功します。

「母親の言いなりなんだよね?」と、ちょっと意地悪にも聞こえる質問をした新次郎に対し、惣兵衛は「実は、母親をこっそり、亡き者にしようと思っている。」と言ったんです。

(えーーー!ちょっと待って、そんな怖い事考えてたの?確かに、怖いと思ってたけど、母親の事そんな風に見ていたなんて!はつを嫁がせるの絶対反対です。この後、新次郎はどうするんでしょう。 )


惣兵衛がこんな考えを持ってしまったのは、やはり、母親の菊(萬田久子)に原因があるようで、惣兵衛自身も「男を商売道具にしか考えてない」と言っていました。
 
と言うのも、山王寺家の主である眉山栄達(辰巳琢郎)は、婿養子であり菊には一切頭が上がらないんです。菊は主人よりも老舗の「山王寺屋」の女将(おかみ)である事が一番の誇りなんですね。
 
そんな中で育った惣兵衛が、歪んだ心を持ってしまうのも、仕方が無いかも知れないですが、それに誰も気付かないのも、また、悲しいですが・・・。

衝撃の真実を告げられた新次郎は、あさにどう報告すべきか、頭を悩ませます。

そんな新次郎に、緊急事態を伝える亀助。兄の正太郎の容態が急変したのです。意識が朦朧とし、うわごとで何かを言っている正太郎。新次郎は、そんな兄の手を、強く握る事しか出来ないのでした。

(正太郎の人物紹介のページに“加納屋の時期当主となるはずが・・・”との一文があります。このまま病魔に蝕まれてしまうんでしょうか。次回で、確認したいと思います。)


以上、あさが来た第10話の感想でした。


まだ、子供の様なあさが、どのように立派な女性経営者になっていくのか、少し親になったような気持ちで見ています^^

今後の展開もたのしみですね。

初週の視聴率も20.3%と好発進の【あさが来た】ですが、ドラマ開始前は主題歌について厳しい意見も出ていたようですよ。


・主題歌のみんなの感想
 
 carol-singers-77903_1280.jpg
 
 

  


ドラマ開始前には、主題歌をAKB48が歌うと、少なからず非難の声も上がっていました。

デイリーニュースによると

朝ドラでAKBの楽曲が起用されるのは初めてだが、ネットには「朝ドラの価値が下がる」といった批判が殺到している。

http://news.livedoor.com/article/detail/10486919/より引用

NHKドラマのファンの方々は、何よりもドラマの内容を重視して見ています。人気絶頂の人物を出したからと言って、視聴率が上がる訳が無いんですよね。その事が明らかになったのは、現在放送中の大河ドラマでした。

NHKは1月から放送中の大河ドラマ『花燃ゆ』が視聴率低迷で騒がれる中、7月21日放送の第29話に乃木坂46のメンバーを出演させ、「アイドルを使えば視聴率が上がるとでも思ってるのか」と視聴者を呆れさせていた。http://news.livedoor.com/article/detail/10486919/より引用


この事もあり、まさか朝ドラにまで出演するのでは?と不満の声が早くも出てきてしまっていました。


ドラマの価値が下がると非難の声の中、スタートした【あさが来た】ですが、始まり主題歌が流れ始めると、意外といいかも!という意見を、みなさん書き込まれていますよ。


・NHK朝ドラ「あさが来た」 主題歌[ムード] なんか好きだ…

・ちょっとさ、意外とAKBの主題歌いいじゃん。さすが秋元康

・主題歌、知らず知らず鼻唄で歌ってる今日この頃

・『あさが来た』の主題歌、 人生は?紙飛行機?♪ ってフレーズが頭から離れない。 秋元康氏、恐るべし(-∀-)

http://realtime.search.yahoo.co.jp/より引用



こう見てみると、意外といいのでは?という意見が多く見られました。放送も第10話を向かえ、少しずつ浸透してきているようですね。

しかし、根強いファンからは、やはり慣れないという意見も出ているのは確かです。

せっかく良いスタートを切った朝ドラ【あさが来た】なので、このまま進んでいって欲しいと思いますが、製作者側は、役が合えば出演もあるかも。と曖昧な返事をしていて、さらに視聴者の不満を煽っている様です。

ドラマの内容に集中出来る様に、あまり突拍子も無い事はしないで欲しいと願うばかりです。

以上、主題歌についてでした。


まとめ
 
 bsPPW_huruipentatetomemo.jpg
 
【関連記事】
 
  

今回は、朝ドラ【あさが来た】第10話(10月8日)放送の感想と、主題歌について見てきました。


・やっとあさの手紙が届いた

・あさの不満がついに爆発

・惣兵衛の恐ろしい本性が明らかに

・主題歌は意外と好評

・このまま何事も無く、ドラマが進んで欲しい


以上、まとめでした。


初の時代劇という事で、楽しみにはしていたんですが、予想を裏切る程の面白さにハマってしまっています。今後も楽しませてくれると期待しています。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 
 
 
スポンサードリンク




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。