So-net無料ブログ作成

朝ドラ【あさが来た】第3話の感想!大注目俳優ディーンフジオカ画像 [ドラマ]



 
初回視聴率が20.2%と好スタートを切った朝の連続ドラマ小説【あさが来た】

第2話では、大阪の許婚の家に挨拶に行かなくてはいけなくなってしまいました。

さて、第3話では、大阪での珍事件が目白押しです。

 
今回は、

 
・第3話の感想

・ディーンフジオカって何者?

 
この二つについて、書いていきますね。

それでは、早速、第3話の感想をどうぞ。
 
 
 


スポンサードリンク





 
 
第1週目~小さな許婚(いいなずけ)~
 
 
【関連記事】
 
 
 
 
 
・第3話の感想


第2話では、主人公・あさの許婚である『加納屋の新次郎』、姉のはつの許婚の『山王寺屋の惣兵衛』に挨拶に行く事が、強制的に決まりました。

第2話の詳しい内容はこちら


第3話では、あのイケメン俳優のDEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ)さんが、早くも登場しますよ。


大阪に行ったのは、あさ(鈴木梨央)と、父・忠興(升毅)姉のはつ(守殿愛生)、そしてお付のうめ(友近)の4人です。

大阪のにぎやかな雰囲気に、飲まれそうになる姉のはつ。そんなのお構い無しに、はしゃぎまわる、あさ

あさは、早速、大阪の町を猛ダッシュです。前も見ずに走っていたので、案の定『ドカーン』と、誰かとぶつかりました。


この衝突した人物こそ、イケメン俳優として大注目のDEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ)さんです。

(ディーン・フジオカさんの情報は後半でご紹介しますね。)

今回の役は、五代友厚(才助)。大阪の発展に大きな影響を与えた、大阪経済の坂本竜馬の様な存在の、重要な人物です。
 

衝突したあさと、友厚。すると空を舞う何かが、あさの袖にすぽっ友厚は気付かずにその場から立ち去ってしまいます。
 
(そんな上手い事、入るかー!と思いましたが、そんな事はお構い無しに物語は進んでいきますよ。) 

『袖が、なんか重い・・・。』と思ったあさ。何かを確認しようとした時、再び友厚が登場です。猛スピードであさを追いかけて来ます。

そう、あさの袖に入ってしまったのは、友厚の持ち物。それも、危険でとても大切な物だったんです!


ここからが、今回の“ちびあさちゃん”事、子役の梨央ちゃんの見せ場でしたよ。

逃げる、逃げる。とにかく逃げる、あさ。この逃走シーンも、ドタバタでおもしろかったですが、この後の演技が圧巻でした。


ついにあさは、友厚に追いつかれてしまいます。そして、袖に入った危険で大切な物とはピストルだったのです。
 
(はっ!あぶない物を Σ(゚д゚lll)) 

友厚は用が済むと、何も無かったかの様に立ち去りますが、それが納得いかないあさ

大人であり、武士である友厚にも、食ってかかるんです。


『勝手にぶつかって来て、追いかけてきて、ぺたぺた触って、何にも言わずに行ってしまうなんて、日本男児のする事ですか?』

(ペタペタ触っては、ピストルを探す時の身体検査?的な事。)

大の大人に、11歳の少女が、ここまで的確に言い放ってしまうあさにも脱帽ですが、梨央ちゃんの演技にも引き込まれました。


この後、あさは失礼な事を言ってしまったと、ちゃんと友厚に謝ります。
 
それを聞いた友厚もきちんと謝罪します。
 
(西洋文化にも大きく影響を受けた友厚は、『グッパイ』とか『ソーリー』とかちょいちょい英語を使います。) 
 
 

友厚は、あさが嫁ぎ、経済に関わってから、また登場する予定です。



ここで、話は今回の最大の目的『許婚の家に挨拶』という所に戻ります。


最初に行くのは、あさの宿敵許婚の加納屋の白岡家です。


両家向かい合っての、挨拶になったんですけど、そこには許婚である新次郎の姿は無い・・・。


そして、白岡家の人達は、あさはつ、どっちがお嫁に来るのか分からない様子。
 
(ざわざわざわざわ・・・。) 


父・忠興が『こちらが、許婚のあさです。』と、紹介した瞬間、白岡家の母・よの(矢吹ジュン)は、落胆。

はつは、どこに出しても、恥ずかしくない、礼儀も作法も、わきまえているんですよね。

そりゃー、はつの方がお嫁さんには、ふさわしいと思いますよ。超おてんば娘と、良妻賢母の娘ですから。

でも、露骨な嫌な顔をするんです。こんな所に、お嫁になんて行きたくないですよね。


そんな、いや~な雰囲気の中、驚きの展開が待っていました。


新次郎の登場です。

あさに気付いた新次郎は、馴れ馴れしく『あさちゃーん。』と近づいてきます。そして、あさの手を握ると『用事があるので、これで失礼。』と出て行ってしまいました。
 
(何?居なくなってるけど、新次郎さん。どこ行くのさー。) 
 
 
父・忠興と、お付のうめも呆れ顔。そんな態度の新次郎に、あさが放った言葉は『びっくりポンや!』と一言。


『なんでどす?』に続き、『びっくりぽん』という名言も飛び出しましたよ。

そして、何とも失礼な態度を取った新次郎。このひょうひょうとした行動の裏には、過去に起きたある事件が関係している様なんです・・・。ストーリーが進むにつれ、明らかになっていくと思いますが、気になりますね。


第3話では、白岡家の内情が見える内容になっていましたね。


以上、第3話の感想でした。


次は、大阪経済の坂本竜馬こと、五代友厚役を演じている、ディーンフジオカさんについて書いていきますね。

(大阪経済の坂本竜馬は、私が付けました。ので、本当に呼ばれてたんじゃないですよ。)


・ディーンフジオカって何者?



スポンサードリンク







さて、このイケメンは何者かについて書いていこうと思います。
 
 
de-n.PNG 


まずはプロフィールから


名前DEAN FUJIOKA
生年月日-1980年08月19日

出身-福島県 / 日本

身長-180cm

言語-日本語 / 英語 / 中国語 / バハサインドネシア

■経歴

日本、福島県生まれ。
高校卒業後アメリカ、シアトルの大学へ留学。
大学卒業後香港へ渡りモデルとして活躍。
映画「八月の物語(2005年)」の主演に抜擢され俳優デビューを果たす。
その後台湾に拠点を移しドラマ、映画、TVCF等に出演するなど中華圏エンターテイメントの新星として旋風を起こす。
また、自ら作詞・作曲・プロデュースを手がける音楽制作をインドネシアで行うなど、アジアの縦軸を中心に語学力と多方面の才能を活かしボーダレスに活動中。

http://www.deanfujioka.net/biography/より引用


中国人の父と、日本人の母親のハーフなんだそう。

ディーンフジオカさんが“逆輸入俳優”と言われているんですが、アジアを拠点にして活動されているからなんですね。

語学も堪能、俳優だけでなく、監督もこなしてしまう、そして、音楽活動までと、これでもか!って位に何でも出来るんですね。すごい!

さて、こんなにイケメンで、何でもこなしてしまうフジオカさん。

気になるのが、彼女って事になりますよね・・・。


・ディーンフジオカの彼女は?


調べてみると、彼女どころではありませんでした。

とても、悲しい結果ですが、すでに結婚もしており、しかも、双子のかわいいお子さんまでいました。

ご自身のインスタグラムにも、たくさん写真を載せてましたよ。


写真はこちらからどうぞ。


この他にも、お子さんの写真をたくさんUPしてるんですけど、ミルクをあげる姿も。

すでに、結婚されていて、がっかりしましたが、今後は“イクメンパパ”として、応援させてもらいます(^^)


2015年の夏のドラマ【探偵の探偵】では、スマートな探偵役を演じていましたが、今回はガラッと変わって時代劇。

薩摩弁も、違和感無くて、驚きました。今後、どんな形で、主人公あさに関わる人物になるのか楽しみですね。


以上、ディーン・フジオカさんについてでした。


 
まとめ


・あさが来たの第3話で、白岡家の人々に内情が分かってきた。

・ディーン・フジオカさんは、何でも出来る。そして、妻子がいて幸せそう


以上、まとめでした。


あさは、初対面でも新次郎に、良いイメージを持っていませんでした。

第3話では、もっと最悪な印象に・・・。

果たして、第4話ではどんな展開になるのでしょうか。


第4話も、感想を書いていきたいと思います。


最後に、ディーンフジオカさんの癒し画像をどうぞ。

 
de-n1.PNG
 
 
 
 
 
 
de-n3.PNG 
 
 
 
 
 
 

de-n4.PNG


最後までお読みいただき、ありがとうございます。


 
 
【こちらの記事もおすすめです】 




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。